作成者別アーカイブ: minatokaniroha

湖北長浜の鴨料理

kamoryouri003

琵琶湖に冬の訪れとともにシベリアから飛来越冬し、
春には帰っていくマガモ。
鴨料理は、湖北エリアを代表する冬の味覚で、
引き締まった肉質と寒さから身を守るための脂身の甘さが格別です。

琵琶湖畔の各地域で食べられますが、
特に鴨料理を出す店が多い長浜市内の各料理店では、
11月中旬~3月に天然マガモの鴨鍋や肝焼き、刺身などが食べられます。
猟師から直接仕入れる老舗店もあります。

第65回 長浜盆梅展開催のご案内

bonbai_2016_001

長浜盆梅について

盆梅とは鉢植えの梅、つまり梅の盆栽のこと。

長浜盆梅展は開花時期に応じ、
約三百鉢の中から約九十鉢を純和風の座敷に展示します。
中には、高さ三メートル近い巨木や
樹齢四百年と言われている古木もあります。

長浜盆梅展は昭和二十七年からはじまり、
今年、平成二十八年で第六十五回を迎えます。
一月九日から二ヶ月間、
湖北長浜の新春の風物詩として毎年、
多くのファンに親しまれています。
歴史・規模ともに「日本一の盆梅展」です。

詳しくは「第65回 長浜盆梅展」公式WEBサイトをご覧ください。

北びわこおもてなし循環バス運行(紅葉循環バス)

今年は季節毎にその時期のベストスポットを巡る魅力的な
『北びわこおもてなし循環バス』が運行します!

紅葉循環バスは、湖北随一の紅葉スポット「鶏足寺」と木之本宿を結びます。

チケットは木ノ本駅又はバス車内でお買い求めいただけます。
1日乗り放題ですので、湖北路を存分に満喫できます。

◎開催期間 2015年11月14日(土)~2015年11月29日(日)
◎場所 滋賀県長浜市木之本町木之本
◎営業時間 9:30~17:00 運行ダイヤにてご確認ください
◎料金 300円(小学生半額)
◎お問い合わせ先 一般社団法人北びわこふるさと観光公社 TEL0749-78-0300 FAX0749-50-3686

→詳しくはこちらへ

koyo_buss004

「ふるさと割」予約受付終了しました。

お蔭様で「ふるさと割」プランの予約受付は終了させていただきました。

ご予約いただいたお客様は当館へのご来場をスタッフ一同、

心からお待ち申し上げております。

ご予約いただけなかったお客様におかれましても、

グリーンホテルYes長浜みなと館として、湖北の旅を楽しんでいただける

充実した新しいご宿泊プラン企画を展開していきますので、

ご愛顧の程、どうぞよろしくお願いいたします。

グリーンホテルYes長浜みなと館 支配人 伊藤

第1回長浜さつき盆栽展

5月30日~6月14日、長浜で初めての「さつき盆栽展」が開催されます。
会場の慶雲館へは、一番近いホテル“グリーンホテルYes長浜みなと館”が大変便利です。
白・紅・淡紅・紫といった優しい色合いで咲く花「さつき」は、
旧暦の皐月(5月)に咲くため、 この名が付いています。
さつきは盆栽としても非常に好まれ、多くの愛好家がその魅力に魅了されています。
期間中、平成25年度皐月部「内閣総理大臣賞」受賞のさつきをはじめ、
約40点の盆栽を展示します。
また会場では、さつき盆栽の販売も行います。
明治の香り漂う慶雲館で、初夏の花々を愛でてみるのはいかがでしょうか。

期間:2015年5月30日(土)~6月14日(日)
時間:9:30~17:00
会場:慶雲館(長浜市港町2-5)
料金:大人/300円、小中学生/150円
お問合せ先:慶雲館 TEL;0749-62-0740

→詳しくはこちらをご覧ください。

satsukiten01

satsukiten02

keiunkan

4月・5月の予約状況について

お蔭様を持ちましてグリーンホテルYesみなと館の4月の予約状況はほぼ満室となっております。
ご予約を頂いた皆様につきましてはありがとうございました。
また、ご予約・お問合せいただいたにも関わらず満室のため
お断りとなったお客様につきましては本当に申し訳ありませんでした。
心よりお詫び申し上げます。
また、5月、ゴールデンウィークの予約状況は空き室がございますので、
何卒、よろしくお願いいたします。

湖国長浜も暖かい春の季節が到来し、観光には最適な季節になります。
グリーンホテルYesみなと館とあわせて姉妹館「まちやの宿 いろは」
よろしくお願いいたします。
スタッフ一同、皆様のご来館をお待ち申し上げております。

支配人 伊藤

→HOME

滋賀のおもてなし旅「びわ湖灯り絵巻」

biwako_akari_emaki
滋賀のおもてなし旅「びわ湖灯り絵巻」
滋賀の灯りスポットに、あなたの“ハートの灯り”をともしませんか!
滋賀県内5つの灯り会場で、皆さんの思い思いの“ハートの灯り”をつなぐ「びわ湖灯り絵巻」。
◆開催期間:2015年2月11日(水・祝)~15日(日)
◆開催会場:5会場で同時開催(一燈1,000円(税込))
[長浜会場]慶雲館・長浜鉄道スクエア
★みなと館が長浜会場(2箇所)に一番近いホテルです。

[大津・びわ湖大津館会場]びわ湖大津館イングリッシュガーデン
[大津・石山寺会場]石山寺参詣道(京阪石山寺駅から石山寺山門)
[近江八幡会場]八幡山ロープウェー・八幡山山頂
[彦根会場]夢京橋キャッスルロードー四番町スクエア

あなたの想いでメッセージを入れた“ハートの灯り”で、
この冬一番の想い出をびわ湖に残してください。
参加者には琵琶湖ヨシを使ったエコグッズ「ReEDENヨシポケットメモ」プレゼント!

“ハートの灯り”お申し込みは、下記まで。
◎北びわこふるさと観光公社:TEL.0749-78-0300
◎びわ湖大津観光協会:TEL.077-528-2772
◎石山観光協会:TEL.077-537-1105
◎近江八幡観光物産協会:TEL.0748-32-7003
◎彦根観光協会:TEL.0749-23-0001

→詳しくはこちらをご覧ください。

長浜 盆梅展(慶雲館)

長浜盆梅展(慶雲館)へは、盆梅展会場に一番近いホテル
グリーンホテルYes長浜みなと館が便利です。
湖国の冬の風物詩“盆梅”を存分にご堪能ください。

開催会場 慶雲館(滋賀県長浜市港町)
開催期間 平成27年1月10日(土)~3月10日(火)
観覧時間 9:00~17:00 ※期間中無休です。
観覧料金 大人500円 小中学生200円
お問合せ先 長浜観光協会
〒526-8501 滋賀県長浜市高田町12-34
         TEL:0749-65-6521 FAX:0749-64-0396
→詳しくはこちらをご覧ください。

盆梅とは鉢植えの梅、つまり梅の盆栽のことです。
長浜盆梅展は開花時期に応じ、300鉢の中から約90鉢を
純和風の慶雲館の座敷にずらりと展示します。
中には、高さ3m近い巨木や樹齢400年を超える古木もあります。
長浜盆梅展は昭和27年からはじまり、平成27年で64回目を迎えます。
1月10日から2ヶ月間、新春の風物詩として開催しており、
歴史・規模ともに「日本一の盆梅展」として親しまれています。
会場に漂う梅の香りと美しい梅の花の色彩をお楽しみください。

bonbaiten003

bonbaiten004

bonbaiten002

bonbaiten001

湖国の冬の味覚「鴨料理」をぜひ! 

湖北地域では古来、厳冬期の滋養として美味な鴨料理が愛されてきました。

長浜の鴨料理は、多くの店で天然の真鴨を使用しており、

伝統を受け継いだ鴨料理をぜひお召し上がりください。

 →詳しくはこちらをご覧ください。

長浜市内のいろいろなお食事処ではこの季節(11月~3月頃)、
鴨すきや鴨鍋料理が楽しめます。
独特の風味とその味覚は湖国の冬の味覚のオススメ料理No.1です。

kamoryouri001

XXI04.EPS

kamoryouri003

「紅葉バス」で鶏足寺・石道寺へ

JR木ノ本駅から奥びわ湖の紅葉名所である鶏足寺と石道寺へご案内する紅葉バスを運行します。
紅葉バスには、ガイドが同乗し皆様方をご案内します。黒田官兵衛博覧会大河ドラマ館にも停車します。

koyo_buss001

koyo_buss002

◎運行日
平成26年11月15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)・24日(月祝)・29日(土)、30日(日)の
計7日間

◎乗車料金(1日乗り放題):大人(12歳以上)100円、小人(6歳以上12歳未満)50円、未就学児無料

◎運行経路
JR木ノ本駅(東口)→大河ドラマ館→己高閣・世代閣(鶏足寺)→石道会館(石道寺)→
大河ドラマ館→JR木ノ本駅(東口)
※己高閣・世代閣停留所から鶏足寺までは徒歩約10分です。
※石道会館停留所から石道寺まで徒歩約5分です。
※鶏足寺と石道寺は往来が可能です。(徒歩約5分)運行時刻については下記時刻表をご参照ください。

JR木ノ本駅を10時に出発する紅葉バスに接続するバスを長浜市内の宿泊施設から運行いたします。

koyo_buss003

◎長浜市内の宿泊施設発時間
浜湖月(9:00発)→グリーンホテルYes長浜みなと館(9:05発)→北ビワコホテルグラツィェ(9:10発)→
長浜ロイヤルホテル(9:15発)→旅館紅鮎(9:35発)→JR木ノ本駅(10:00発)→
大河ドラマ館(10:02発)→己高閣・世代閣(鶏足寺)(10:10発)→石道会館(石道寺)(10:20発)

☆交通事情により遅れる場合がございます。
☆JR木ノ本駅からは地元ガイドがご案内いたします。
☆上記運行日には「奥びわ湖おもてなしバス」も運行されていますので、
乗車の際お間違いにならないようご注意願います。
☆紅葉バス乗車券では、「奥びわ湖おもてなしバス」には乗車できません。
☆また、おもてなしバス乗車券では紅葉バスに乗車いただけます。

★詳しくはフロントまでお問合せください。