カテゴリー別アーカイブ: 最新情報

長浜 盆梅展(慶雲館)

長浜盆梅展(慶雲館)へは、盆梅展会場に一番近いホテル
グリーンホテルYes長浜みなと館が便利です。
湖国の冬の風物詩“盆梅”を存分にご堪能ください。

開催会場 慶雲館(滋賀県長浜市港町)
開催期間 平成27年1月10日(土)~3月10日(火)
観覧時間 9:00~17:00 ※期間中無休です。
観覧料金 大人500円 小中学生200円
お問合せ先 長浜観光協会
〒526-8501 滋賀県長浜市高田町12-34
         TEL:0749-65-6521 FAX:0749-64-0396
→詳しくはこちらをご覧ください。

盆梅とは鉢植えの梅、つまり梅の盆栽のことです。
長浜盆梅展は開花時期に応じ、300鉢の中から約90鉢を
純和風の慶雲館の座敷にずらりと展示します。
中には、高さ3m近い巨木や樹齢400年を超える古木もあります。
長浜盆梅展は昭和27年からはじまり、平成27年で64回目を迎えます。
1月10日から2ヶ月間、新春の風物詩として開催しており、
歴史・規模ともに「日本一の盆梅展」として親しまれています。
会場に漂う梅の香りと美しい梅の花の色彩をお楽しみください。

bonbaiten003

bonbaiten004

bonbaiten002

bonbaiten001

湖国の冬の味覚「鴨料理」をぜひ! 

湖北地域では古来、厳冬期の滋養として美味な鴨料理が愛されてきました。

長浜の鴨料理は、多くの店で天然の真鴨を使用しており、

伝統を受け継いだ鴨料理をぜひお召し上がりください。

 →詳しくはこちらをご覧ください。

長浜市内のいろいろなお食事処ではこの季節(11月~3月頃)、
鴨すきや鴨鍋料理が楽しめます。
独特の風味とその味覚は湖国の冬の味覚のオススメ料理No.1です。

kamoryouri001

XXI04.EPS

kamoryouri003

「紅葉バス」で鶏足寺・石道寺へ

JR木ノ本駅から奥びわ湖の紅葉名所である鶏足寺と石道寺へご案内する紅葉バスを運行します。
紅葉バスには、ガイドが同乗し皆様方をご案内します。黒田官兵衛博覧会大河ドラマ館にも停車します。

koyo_buss001

koyo_buss002

◎運行日
平成26年11月15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)・24日(月祝)・29日(土)、30日(日)の
計7日間

◎乗車料金(1日乗り放題):大人(12歳以上)100円、小人(6歳以上12歳未満)50円、未就学児無料

◎運行経路
JR木ノ本駅(東口)→大河ドラマ館→己高閣・世代閣(鶏足寺)→石道会館(石道寺)→
大河ドラマ館→JR木ノ本駅(東口)
※己高閣・世代閣停留所から鶏足寺までは徒歩約10分です。
※石道会館停留所から石道寺まで徒歩約5分です。
※鶏足寺と石道寺は往来が可能です。(徒歩約5分)運行時刻については下記時刻表をご参照ください。

JR木ノ本駅を10時に出発する紅葉バスに接続するバスを長浜市内の宿泊施設から運行いたします。

koyo_buss003

◎長浜市内の宿泊施設発時間
浜湖月(9:00発)→グリーンホテルYes長浜みなと館(9:05発)→北ビワコホテルグラツィェ(9:10発)→
長浜ロイヤルホテル(9:15発)→旅館紅鮎(9:35発)→JR木ノ本駅(10:00発)→
大河ドラマ館(10:02発)→己高閣・世代閣(鶏足寺)(10:10発)→石道会館(石道寺)(10:20発)

☆交通事情により遅れる場合がございます。
☆JR木ノ本駅からは地元ガイドがご案内いたします。
☆上記運行日には「奥びわ湖おもてなしバス」も運行されていますので、
乗車の際お間違いにならないようご注意願います。
☆紅葉バス乗車券では、「奥びわ湖おもてなしバス」には乗車できません。
☆また、おもてなしバス乗車券では紅葉バスに乗車いただけます。

★詳しくはフロントまでお問合せください。